ここから本文です

[フォト]九天をさまよう魂

ハンギョレ新聞 8/22(月) 2:19配信

 20日午後、ソウル光化門(クァンファムン)広場で開かれた「1923年日本の関東大震災で虐殺された在日朝鮮人たちの追悼式」

 虐殺の犠牲者の魂を悼む意味を込め、公州(コンジュ)市鳳縣(ボンヒョン)里喪輿歌(忠清南道指定無形文化財第23号)が実演された。

 霊魂の紙人形を追悼式場周辺にぶら下げ魂を追悼した。

 関東大震災虐殺は1923年9月1日、日本の東京と横浜地域を襲った関東大震災後「朝鮮人が放火し、井戸に毒を入れた」などのデマが流布され、在日朝鮮人約6千人が日本人に集団で殺害された事件だ。











キム・ボンギュ専任記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr)

最終更新:8/22(月) 2:19

ハンギョレ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。