ここから本文です

ティンバーレイク夫妻、ディカプリオに代わりヒラリー資金集めイベントで司会へ

Billboard Japan 8月22日(月)21時23分配信

 ジャスティン・ティンバーレイクとジェシカ・ビール夫妻が、8月23日にロサンゼルスで行われる米民主党の大統領候補、ヒラリー・クリントンの資金集めパーティーで司会を務めることが明らかになった。元々予定していたもののスケジュールの問題で都合がつかなくなったレオナルド・ディカプリオに代わり、2人が務めることになったという。ピープル誌が伝えている。

 ディカプリオは目下、ブレット・ラトナー監督、フィッシャー・スティーブンス、リック・ヨーンらとドキュメンタリー映画『Before the Flood』(9月9日にトロント国際映画祭でプレミア予定)を製作中だ。『Before the Flood』(意味:洪水の前)では、気候変動が絶滅に瀕した生物や生態系、自然にどんな影響を及ぼすかを扱っており、劇中にはオバマ大統領、ビル・クリントン前大統領、ジョン・ケリー国務長官、潘基文国連事務総長、ローマ教皇フランシスコなどが登場する。

 なお、ヒラリーが米国史上初の女性大統領選候補に選出された7月の民主党全国大会にて、娘のチェルシー・クリントンはティンバーレイクの「キャント・ストップ・ザ・フィーリング!」に合わせて登場していた。

最終更新:8月22日(月)21時23分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。