ここから本文です

野田洋次郎、自主映画のためのコンペティション「PFFアワード 2016」最終審査員に抜擢

RO69(アールオーロック) 8月22日(月)12時35分配信

野田洋次郎が自主映画のためのコンペティション「PFFアワード」の最終審査員を務めることが明らかになった。

同コンペティションは1977年の第1回目から続く「つくりたい映画をつくった」人のためのコンペティションとなり、本年は483本の応募から20本を「PFFアワード2016」入選作品として、フィルムセンターの大スクリーンで2回ずつ上映する。

その20本の入選作品からグランプリ1作品、準グランプリ1作品、審査員特別賞3作品、の3賞5作品を決定するのが以下の5名の最終審査員となる。

「PFFアワード2016」最終審査員(※敬称略)
遠藤日登思(映画プロデューサー)
沖田修一(映画監督)
荻上直子(映画監督)
佐渡島庸平(編集者)
野田洋次郎(アーティスト/ミュージシャン)

各賞は上記5名の最終審査員の討議の末に決定し、東京会場最後を飾る2016年9月23日(金)の表彰式にて、各人より発表されるとのこと。

イベント情報は以下のとおり。

●イベント情報
「第38回PFF」
2016年9月10日(土)~23日(金)
東京国立近代美術館フィルムセンター(京橋)にて開催 ※月曜休館
前売券は、チケットぴあにて発売中
http://pff.jp/38th/

RO69(アールオーロック)

最終更新:8月22日(月)12時35分

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。