ここから本文です

加入3年目の初戦で達成 独代表クロース、レアル通算100試合出場

SOCCER KING 8/22(月) 11:34配信

 リーガ・エスパニョーラ第1節が21日に行われ、レアル・ソシエダとレアル・マドリードが対戦。敵地に乗り込んだレアル・マドリードが3-0と快勝し、白星スタートを切った。

 同試合で先発出場を果たしたレアル・マドリードのドイツ代表MFトニ・クロースが、同クラブでの公式戦通算100試合出場を達成した。クラブの公式HPが伝えている。

 クロースは2014年7月、バイエルンからレアル・マドリードに加入。2014-15シーズンのUEFAスーパーカップでデビューを果たすと、中心選手として出場数を伸ばしてきた。昨シーズンまでの2年間でリーガ・エスパニョーラ68試合、チャンピオンズリーグ24試合、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)2試合、FIFAクラブ・ワールドカップ2試合、スーパル・コパ(スペイン・スーパーカップ)2試合、UEFAスーパーカップ1試合に出場。公式戦99試合出場を記録し、レアル・マドリード加入後3年目を迎えていた。

 レアル・マドリードは記録達成にあたって「チームにとって欠くことの出来ない核となる存在」とクロースを称し、出場した公式戦での勝率が71パーセントであることを伝えた。

 レアル・マドリードでの3年目初戦(9日のUEFAスーパーカップは出場せず)が記念の一戦となった26歳のクロース。今後のさらなる活躍が期待される。

SOCCER KING

最終更新:8/22(月) 11:34

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]