ここから本文です

デン・ハーグが3連勝もハーフナーは不発 太田に出番なし/エールディヴィジ第3節

SOCCER KING 8月22日(月)13時17分配信

 エールディヴィジ第3節が19日から21日にかけて各地で開催された。

 FWハーフナー・マイクが所属するADOデン・ハーグは、敵地でエクセルシオールと対戦。リーグ戦3試合連続の先発出場を果たしたハーフナーは88分までプレーするも、リーグ開幕戦以来の得点を挙げることはできなかった。それでも、FWゲルバネ・カスタネールとDFトム・ブーヘルスダイクのゴールで逆転し、ADOデン・ハーグは開幕3連勝となった。

 DF太田宏介が所属するフィテッセは、ローダと激突した。試合は、22分にMFルイス・ベイカーがエリア内で右足を振りぬきネットを揺らすと、その後はローダ攻撃陣をシャットアウト。完封勝利を収めた。なお、ベンチ入りした太田は前節に続いて出場機会が与えられなかった。

 日本代表MF小林祐希と正式契約を締結したヘーレンフェーンは、敵地でNECに1-2で敗れた。同クラブは開幕から3試合、未勝利が続いている。小林はベンチ外となり、オランダデビューは持ち越しとなった。

 エールディヴィジ第3節の結果は以下の通り

■エールディヴィジ第3節

エクセルシオール 1-2 ADOデン・ハーグ
ローダ 0-1 フィテッセ
アヤックス 1-2 ヴィレム
ズウォレ 0-4 PSV
NEC 2-1 ヘーレンフェーン
フローニンゲン 3-4 トゥウェンテ
ユトレヒト 1-2 AZ
ロッテルダム 1-0 ゴー・アヘッド・イーグルス
ヘラクレス 0-1 フェイエノールト

SOCCER KING

最終更新:8月22日(月)13時18分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。