ここから本文です

ミラン時代の教え子がPKを阻止 トリノ指揮官「デビューさせなければ…」

SOCCER KING 8月22日(月)17時9分配信

 トリノは21日、セリエA第1節で日本代表FW本田圭佑が所属するミランと敵地で対戦。試合後、トリノのシニシャ・ミハイロヴィッチ監督がインタビューに応じ、イギリスメディア『フットボール・イタリア』がコメントを伝えている。

 試合は終盤までFWカルロス・バッカのハットトリックでミランが3-1と2点をリード。しかしながら、後半アディショナルタイムにトリノが1点を取り返すと、その3分後にはPKを獲得して同点の好機を得た。キッカーのFWアンドレア・ベロッティがゴール右に蹴ったシュートを、GKジャンルイジ・ドンナルンマが横っ飛びで弾き出し、ミランが1点差で辛くも勝利を収めた。

 2015-16シーズンはミランの指揮官を務めていたミハイロヴィッチ監督。昨年10月には当時16歳のドンナルンマをセリエAデビューさせていた。今年4月にミランの監督を退任し、5月にはトリノで指揮することが決まった。

 ミハイロヴィッチ監督は「彼(ドンナルンマ)がPKを止めることがわかっていたなら、私はデビューさせていなかっただろうね」と冗談めかし、元教え子のビッグセーブを称賛した。

 また、試合については「我々は長い時間試合を支配できていたし、勝利に値したと思う。ただ、ミスが多すぎて3点を取られてしまったことは認めているよ」と振り返り、敗戦を悔しがった。

SOCCER KING

最終更新:8月22日(月)18時46分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。