ここから本文です

攻撃時に「混乱をもたらした」 フル出場の長友、伊紙は厳しい評価 

SOCCER KING 8月22日(月)16時37分配信

 セリエA第1節が21日に行われ、キエーヴォと日本代表DF長友佑都の所属するインテルが対戦。長友は左サイドバックでフル出場を果たしたが、インテルは0-2と開幕黒星スタートとなった。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合の採点を発表。フル出場の長友には「5」と、評価は伸びなかった。(最低1点、最高10点)

 寸評では「いつものように惜しみないプレーをした。たくさん走った。しかし、ボールポゼッションの場面ではあまりにも(多くの)混乱をもたらしてしまった。サポートの部分がひどかった」と、運動量は評価されたものの、攻撃時のプレーに対して厳しい内容が記された。

 なお、インテルの最高点はフランス代表MFジョフレイ・コンドグビアで「6」、最低点はイタリア代表DFアンドレア・ラノッキアの「4」だった。両チームを通じた最高点は、2ゴールを挙げたキエーヴォのスロヴェニア代表MFヴァルテル・ビルサで「8」となっている。

 次節、インテルは28日にパレルモをホームに迎える。

SOCCER KING

最終更新:8月22日(月)16時37分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]