ここから本文です

17戦勝ちなしの名古屋、またも負傷者 ルーキーDF高橋諒が離脱

SOCCER KING 8月22日(月)19時16分配信

 名古屋グランパスは22日、DF高橋諒が右大腿四頭筋筋損傷で全治約3~4週間と診断されたことを発表した。

 高橋は18日に行われたトレーニングで負傷。超音波検査とMRI検査を受け、負傷状況が判明した。

 高橋は1993年生まれの23歳。国見高校、明治大学を経て今年から名古屋でプレーしている。プロ1年目の今シーズンは明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第9節終了時点で全26試合中10試合に出場している。出場10試合は全てファーストステージで記録したもので、セカンドステージは1試合のベンチ入りのみにとどまっている。

 名古屋は明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第9節終了時点で4勝7分け15敗の勝ち点19、J2降格圏内の16位に低迷している。16日にはスウェーデン人DFオーマンと同FWシモビッチの負傷離脱を発表していたが、さらに離脱者が増える形となってしまった。

 17試合勝ちなしと苦しい状況が続く名古屋。次節は27日、FC東京をホームに迎える。

SOCCER KING

最終更新:8月22日(月)19時16分

SOCCER KING