ここから本文です

17戦勝ちなしの名古屋、またも負傷者 ルーキーDF高橋諒が離脱

SOCCER KING 8/22(月) 19:16配信

 名古屋グランパスは22日、DF高橋諒が右大腿四頭筋筋損傷で全治約3~4週間と診断されたことを発表した。

 高橋は18日に行われたトレーニングで負傷。超音波検査とMRI検査を受け、負傷状況が判明した。

 高橋は1993年生まれの23歳。国見高校、明治大学を経て今年から名古屋でプレーしている。プロ1年目の今シーズンは明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第9節終了時点で全26試合中10試合に出場している。出場10試合は全てファーストステージで記録したもので、セカンドステージは1試合のベンチ入りのみにとどまっている。

 名古屋は明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第9節終了時点で4勝7分け15敗の勝ち点19、J2降格圏内の16位に低迷している。16日にはスウェーデン人DFオーマンと同FWシモビッチの負傷離脱を発表していたが、さらに離脱者が増える形となってしまった。

 17試合勝ちなしと苦しい状況が続く名古屋。次節は27日、FC東京をホームに迎える。

SOCCER KING

最終更新:8/22(月) 19:16

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]