ここから本文です

シュート27本で1点止まり アトレティコ指揮官、痛恨ドローに「後味が悪い」

SOCCER KING 8月22日(月)20時7分配信

 リーガ・エスパニョーラ第1節が21日に行われ、アトレティコ・マドリードとアラベスが対戦。昨シーズン3位のアトレティコ・マドリードはホームで昇格組相手に1-1と引き分け、白星スタートを切ることができなかった。

 試合後、アトレティコ・マドリードのディエゴ・シメオネ監督が痛恨の引き分けを振り返った。同監督は「後味が悪い。勝てた試合だった」と心境を明かしている。スペイン紙『マルカ』がコメントを伝えた。

 アトレティコ・マドリードはアラベスを相手に終始攻勢をかけたが、なかなか均衡を破ることができなかった。ようやく決まった先制ゴールは後半アディショナルタイム、フランス人FWケヴィン・ガメイロのPK。苦しみ抜いた末に勝ち点3を掴むと思われたが、2分後に悪夢が待っていた。

 アディショナルタイム5分、アラベスのスペイン人MFマヌ・ガルシアが放った強烈な右足ミドルシュートがゴール左隅へ決まり、スコアは1-1に。勝ち点1を分け合う結果に終わり、アトレティコ・マドリードは2ポイントを失う形となった。

 報道によると、アトレティコ・マドリードが放ったシュートは27本。対するアラベスはわずかに2本だった。まさに痛恨の引き分けとなったシメオネ監督は「我々はこの試合に勝つために、できる限り全てのことをした。今は後味が悪い。勝てた試合だった。サッカーはゴール(の数)によって勝利を掴むものだ。今日の我々はフィニッシュでの落ち着きが少し足りなかったかもしれない」と引き分けを悔やんだ。

 ホームで痛恨の引き分けに終わったアトレティコ・マドリード。次節はエースが帰還する。今節は出場停止だったフランス代表FWアントワーヌ・グリエスマンが復帰し、今シーズン初勝利を目指すこととなる。シメオネ監督は「フェルナンド・トーレスは常に重要な存在であり、良いプレーをしている。ただ、このチームのストライカーはグリエスマンだ」と絶対の信頼を口にしていた。

 アトレティコ・マドリードの次節は27日、レガネスとのアウェーゲームに臨む。

SOCCER KING

最終更新:8月22日(月)20時7分

SOCCER KING