ここから本文です

パスが来るから止まらない 千葉FW船山「走りがいがあった」

ゲキサカ 8月22日(月)0時38分配信

[8.21 J2第30節 千葉 2-0 岡山 フクアリ]

 2アシストでチームの勝利に貢献。ジェフユナイテッド千葉FW船山貴之は組み立ての場面でも存在感を示し、守備にも走った。背番号11の活躍もあり、上位の岡山を圧倒したチームは2-0の快勝を収めた。

 先制点をお膳立てしたのは前半9分だった。中盤からMFアランダが送った浮き球のパスをFWエウトンが胸で落とすと、「イメージどおり」と船山がボールを受ける。逆サイドから走り込むMF町田也真人の動きもしっかり「見えた」と、正確なスルーパスを供給して先制ゴールをアシストした。

 その後は「相手が3バックだったのでスペースがいっぱいあった」と最終ラインの裏を突いては、「味方がしっかり見てパスを出してくれたので、走りがいがあった」とボールを呼び込んで縦への推進力を生み出す。そして後半28分にはDF丹羽竜平の縦パスから最終ラインの裏に抜け出してGK中林洋次をひきつけると、エウトンへのラストパスで2点目を演出した。

 2得点に絡む活躍だけでなく、「今日はバランスが良かったし、距離感も良かった」と周囲とのコンビネーションも抜群で攻撃にリズムを持たらした。しかし、「点を取ってないので」と満足感を示すことはなかった。

最終更新:8月22日(月)0時38分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。