ここから本文です

川崎から世界へ?グリーン・デイのビリーが川崎Fユニ着用、話題呼ぶ

ゲキサカ 8月22日(月)10時59分配信

 川崎から世界へ。アメリカのパンク・ロックバンド『グリーン・デイ』のビリー・ジョー・アームストロングが川崎フロンターレのユニフォームを着用した写真を自身の『インスタグラム』へ投稿。話題を呼んでいる。

 ビリーは「Kawasaki Forever!!!!!」というコメントを添え、川崎Fのユニフォームを着用した写真を投稿した。約2時間で世界中から43万人以上もの人から「いいね!」されるなど注目を集めている。

 なぜ、ビリーが川崎Fのユニフォームを着ているのか。多くの人が疑問を持ったかもしれないが、これは川崎Fのプロモーション部が“仕掛けた”ものだった。

 クラブは公式『ツイッター』で「10月7日ニューアルバムがリリースされるgreenday。応援で曲を使わせていただいてることもあり、ツテをたどってクラブ創立20周年を伝えたところ、なんとなんとユニ着用してくれました!ありがとうビリー!」(原文ママ)と明かしている。

 以前から川崎Fは得点が決まった際には、グリーン・デイの『Basket Case』を応援歌として歌ってきた。その縁もあり、同プロモーション部が動いた結果。まさに“川崎から世界へ”発信されたようだ。

[写真]@billiejoearmstrongのインスタグラムから

最終更新:8月22日(月)13時15分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。