ここから本文です

中国化工集団のシンジェンタ買収、米国の安全保障当局が承認

Bloomberg 8月22日(月)15時17分配信

中国化工集団(ケムチャイナ)によるスイスの農薬・種子メーカー、シンジェンタ買収を米国の安全保障当局が承認した。買収規模は430億ドル(約4兆3400億円)。

両社の発表資料によれば、対米外国投資委員会(CFIUS)が買収を認めた。年内の買収完了が見込まれているが、引き続き世界中の独占禁止当局の承認が必要だという。

原題:ChemChina Clinches U.S. Security Nod for Syngenta Purchase (1)(抜粋)

David McLaughlin

最終更新:8月22日(月)15時17分

Bloomberg