ここから本文です

「パナマ文書」への関連疑惑、台湾の兆豊国際商銀を当局調査へ

Bloomberg 8月22日(月)17時1分配信

台湾の銀行、兆豊国際商業銀行が反マネーロンダリング(資金洗浄)法違反で米当局から罰金1億8000万ドル(約180億円)を科され、台湾当局が同行の調査を行うことになった。米当局は兆豊国際商銀のコンプライアンス(法令順守)プログラムを「形だけだ」と評した。

台湾の陳明堂法務次官は22日、電話取材に対し、台湾の金融監督当局と検察、法務省が今回の件での犯罪行為の有無を調べると述べた。

兆豊国際商銀の親会社、兆豊金控の株価は同日の台北市場で一時、前週末比7.4%下落。兆豊金控は19日、米当局に科された罰金の負担には「耐えられる」が、今年の業績に響くと証券取引所に届け出た。同社および兆豊国際商銀から、それ以上のコメントは現時点で発表されていない。

ニューヨーク州金融サービス局(DFS)は19日、兆豊国際商銀のニューヨーク支店とパナマ支店との間で疑わしい取引の流れがあり、かなりの数の顧客「エンティティ(組織)」が「パナマ文書」スキャンダルの中心にある法律事務所モサック・フォンセカによって設立されたとみられると指摘した。

原題:Bank Linked to ‘Panama Papers’ Firm Faces Probe in Taiwan (1)(抜粋)

Yu-Huay Sun, Paul Panckhurst

最終更新:8月22日(月)17時1分

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]