ここから本文です

「科捜研の女」第16シーズンが10月よりスタート!いままでにない衝撃的なシーンも

cinemacafe.net 8月23日(火)5時0分配信

テレビ朝日系の「木曜ミステリー」枠にて1999年よりシリーズ放送が始まったミステリードラマ「科捜研の女」が、10月より第16シーズンをスタートすることが明らかになった。

【写真】沢口靖子/「科捜研の女」第16シーズン

京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員・榊マリコ(沢口靖子)を中心とした、ひと癖もふた癖もある研究員たちが、法医、物理、化学、文書鑑定などの専門技術を武器に事件の真相解明に挑む姿を描く本作。1999年にスタートし、現行のテレビドラマでは最も長く続いており、この秋で第16シーズンを迎える。今回も、作品としての新たなチャレンジを取り入れながら “最新の科学捜査テクニック”と“豊饒な人間ドラマ”が絡みあうミステリーを2クール編成で放送していく。

今シーズンでの見どころとしては、主人公・マリコにとってこれまでにない衝撃的なシーンが登場するという。「マリコがまさかの逮捕、共に犯罪に挑んできた土門刑事(内藤剛志)に取調べを受ける!?」…など、時に残酷に、時に過激に!? いままで見たことのないマリコの姿に、視聴者は驚愕させられるという。

そして今シーズンでも戸田山雅司、櫻井武晴という本作ではおなじみの脚本家がダブルメインで執筆に当たり、ほか実力派の脚本家たちも参加する。

17年という歳月を本作とともにしてきた主演の沢口さんは、「はじまった当初は、こんなにシリーズが続くとは思っていませんでした。科学の進歩と共に毎年、作品も進化してきましたが、ここまで長く回を重ねることができたのは、『科捜研の女』を支持してくださっている視聴者の皆さまのおかげです」と感謝を述べると共に、「この『科捜研の女』は、私を俳優として育ててくれた作品。また、マリコは30代半ばで出会って、共に成長してきた存在です。いまは、そんな私にとって大切な作品の撮影が再開するという、ワクワクした気持ちでいます」とコメント。

さらに、今シーズンの見どころとしてはやはりマリコの衝撃的なシーンを挙げ、「アッと驚くような場面も用意されていますので、皆さまもどうぞご期待ください!」とアピールした。

“顔を見ればウソがわかる、微表情研究のクセモノ学者”や、“研ぎ澄まされた五感でどんな爆弾も解体する爆弾処理のエキスパート”など、バラエティーに富んだスペシャリストたちが、マリコと対峙! 彼らとの出会いを経て、さらなる成長を見せるマリコの姿に注目だ。

木曜ミステリー「科捜研の女」第16シーズンは、10月より毎週木曜日20時よりテレビ朝日系で放送。

最終更新:8月23日(火)5時0分

cinemacafe.net