ここから本文です

“評論界のカリスマ”の記録が甦る、CD8枚組ボックス『宇野功芳の芸術』限定発売

CDジャーナル 8/23(火) 18:43配信

 “評論界のカリスマ”、そして指揮者としても活躍し、今年6月10日に世を去った宇野功芳が新星日本交響楽団を指揮した〈オーケストラ・リサイタル〉のライヴ収録盤をすべて集めたCD8枚組ボックス『宇野功芳の芸術』(KICC-1277~84 10,000円 + 税)が、8月24日(水)に1,000セット限定発売。

 オーケストラ指揮者としての宇野功芳は、1990年代に新星日本交響楽団を指揮して8枚のアルバムをキングレコードに録音。惜しくも全集とはならなかったものの、終生もっとも愛したベートーヴェンの7つの交響曲、同様に愛着を示したモーツァルトの交響曲第40番とワーグナーの『ニーベルングの指環』、そして宇野の“命を賭けた遊び”ともいうべき「ハイドンのセレナーデ」など、いずれも真摯に情熱が傾けられた、随所に“宇野節”を堪能できるアルバムとなりました。

 もともと合唱指揮者を目指しながらも評論活動で名声を築いた宇野が、当時潮流となりつつあった“交通整理をしているような”没個性的指揮や“無機的な”音の作りかたを批判し、みずからオーケストラを指揮してのリサイタルを実施。宇野功芳が求めた真の音、理想の指揮のかたちがここに収められています。またボーナス・トラックとして、幻の全曲録音に終わった1989年12月東京・赤坂 サントリーホールでのライヴ「第九」から、リハーサル風景も添付。宇野の肉声を聞くことができます。

最終更新:8/23(火) 18:43

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]