ここから本文です

広末涼子、ファン宣言でロバート秋山を感激させる

リアルライブ 8月23日(火)11時28分配信

 女優の広末涼子とロバートの秋山竜次が22日、都内で行われたサントリーノンアルコール飲料「のんある気分」の新CM発表会に出席。広末は壇上で秋山を前に「最近、変わったことがひとつ。ロバート秋山さんをはじめました」と秋山のファンになったことを告白。「大好きで、いろいろ見させてもらっています。日々癒されます」と話して、秋山を大照れさせた。

 広末は秋山について「最近は寝る前にいつも秋山さんの『願い』という歌を聴いています。本当にいい歌です」とコメント。さらに「映画でもはまるとその監督さんの作品を順番に見ていくんですけど、最近は秋山さんの作品ばかり…」と秋山の笑いに夢中だと告白。「本当に笑いって大切ですよね。日々癒されます。ロバート秋山さんはじめました!」と改めてファンであることを宣言。

 秋山はこれに大感激。「学生時代マジで(広末さんを)見ていました。嬉しい」と笑顔を見せると、「ドラマも全部見ていましたし、自分もようやく広末さんと共演するところまでこれました」と感慨深げ。「そんな広末さんが『冷やし中華はじめました』みたいなノリで…忘れられないフレーズになります」としみじみ述べると、その後は終始ご機嫌。フォトセッションでも報道陣の変顔リクエストに気軽に応じるなど、サービス精神たっぷりに本商品をPRした。

 共演したCMでは秋山が架空の敏腕ディレクター“近松マサヲミ”を熱演するが、「もともとお酒は飲めない」と言いつつも「晩酌気分は味わいたい。(ノンアルコール飲料は)雰囲気作りにいいですよね」と秋山。「夜これを飲みながらネタを考えたりしたい。面白いことが思い浮かびそうです」と嬉しそうに話していた。

(取材・文:名鹿祥史)

最終更新:8月23日(火)16時25分

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。