ここから本文です

【香港】本土の自撮りアプリ・美図、香港IPO計画

NNA 8月23日(火)8時30分配信

 中国本土で人気のスマートフォン向け自撮りアプリを開発する美図(Meitu)が、今年第4四半期(10~12月)にも香港で新規株式公開(IPO)を実施する見通しだ。78億HKドル(約1,010億円)の調達を目指し、19日に香港当局へ申請を提出したもよう。22日付スタンダードが伝えた。
 美図は2008年の設立で、福建省厦門(アモイ)市に本拠を置く。自撮りアプリ「美図秀秀」の開発のほか、携帯電話やカメラの製造も手掛ける。現在の企業価値は296億HKドルで、IPOにより390億HKドルに引き上げたい方針という。
 美図のIPOが成功すれば、本土のスマートフォン大手、北京小米科技(小米、シャオミ)や、配車アプリ「滴滴出行(滴滴)」を運営する北京小桔科技の香港上場にもつながる可能性があるとの見方も出ている。

最終更新:8月23日(火)8時30分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。