ここから本文です

最大1300Mbpsの高速通信が可能な無線LANアクセスポイント

MONOist 8月23日(火)7時55分配信

 コンテックは2016年8月2日、高機能無線LANアクセスポイント「FXA3200」を発売した。FLEXLAN FXシリーズの最上位モデルで、無線LAN規格802.11acに準拠し、3ストリーム(3×3 MIMO)で最大1300Mbps(理論値)の高速通信が可能だ。

【その他の画像】

 また、5GHz帯(11ac/n/a)と2.4GHz帯(11n/b/g)の同時使用が可能。IEEE802.11ac/n/aではW52(36、40、44、48ch)、W53(52、56、60、64ch)、W56(100、104、108、112、116、120、124、128、132、136、140ch)の19チャネル、IEEE802.11n/gでは1-13ch、IEEE802.11bでは1-14chを使用できる。

 ACアダプターやPoE給電を使用したLAN(UTP)ケーブルによる電源供給に対応し、WPA2/WPAやWEPと併用可能な独自暗号化技術WSLを搭載。仮想的なネットワークを構築するためのVLAN機能や、1台のAPに仮想的な複数のAPとして動作させ、異なるセキュリティ設定ができるVAP機能も搭載している。

 他にも、Webブラウザから容易に設定管理ができ、FTPやSDカードでのファームウェア更新など、システムや運用に合わせた多彩なメンテナンス方法を提供。SNMP対応のネットワーク管理ソフトウェアによるネットワーク管理も可能で、MIBIIやプライベートMIBに対応している。

最終更新:8月23日(火)7時55分

MONOist