ここから本文です

「僕が船長としてひっぱる」2度目のロミオに挑む古川雄大の決意

チケットぴあ 8月23日(火)19時34分配信

世界で500万人以上の観客を動員している、フランス発の大ヒットミュージカル『ロミオ&ジュリエット』。日本でも2011年以降上演を重ねる作品だが、4年ぶりの登場となる2017年版はキャストも、そして演出をはじめ振付・衣裳なども一新、“新バージョン”となる。ミュージカルファン注目の本作にロミオ役として主演する古川雄大に話を聞いた。

撮り下ろし写真、5点

シェイクスピアの不朽の名作を、耳に残る現代的なロック&ポップスで綴るミュージカル。ここ数年、大作・話題作への出演がひっきりなしに続き、ミュージカル界のニュースターと呼べそうな華々しい活躍を続ける古川だが、大劇場でセンターに立つという経験は、前回2013年公演でのロミオ役が初めてだった。「前回はすごい抜擢をしてもらったので、自分で言うのも何ですが、努力もたくさんしました。でも努力の方向を間違えて、稽古中に喉を壊してしまったりと、悔しい思いもしました。そんな悔しさを晴らしたいという思いもありますが、ロミオというのは単純に男なら誰もがやりたいと思うような魅力的な役。2度目の挑戦も“やりたいという憧れの気持ち”が強いからです」と語る。

「カーテンコールで(主演として)一番最後に出ていく時には、感動もあり、重みもあり、複雑な気持ちだった」と振り返るが、今回は別の重みがのしかかっている。初演からロミオを演じ、作品の顔としてカンパニーを牽引していた城田優が卒業、さらにキャストはほぼ一新され、ダンサー以外では古川のみが作品経験者となるからだ。「前回は城田君が船長として重みを引き受けてくれていましたが、今回は僕がそんな存在になれれば」。本人もそこは十分意識しているようで、意外なまでにサラリとそんな言葉が出てきた。ただ「でも僕、あまり頼られるタイプじゃないんですよ、むしろ頼りたい方。僕に悩み事を相談してくる人もあんまりいないし(笑)。ついてこい!というタイプにはなれないと思うので、みんなで横一列になって、肩を組んで歩いていきたいですね」と照れたような笑顔で付け足したところが、古川らしくチャーミングだ。

「“新バージョン”がどういったものになるのかまだ僕もわかりませんが、今出演している『エリザベート』も新演出になってガラリと変わりました。ですから、今回も“全部”変わる気がします! すごいものになる気がしますよ、だから“再演と思うな”と、申し上げておきます(笑)」。

なお、ロミオ役は大野拓朗とダブルキャスト。公演は2017年1月15日(日)から2月14日(火)まで、東京・赤坂ACTシアターにて。チケットは8月27日(土)に一般発売開始。チケットぴあでは8月25日(木)23:59まで、東京公演のWEB先行先着「プリセール」受付中。東京公演後、大阪でも上演される。

最終更新:8月23日(火)19時34分

チケットぴあ