ここから本文です

『ペット』がV2を達成した今週の映画ランキング

リアルライブ 8/23(火) 12:38配信

 8月20日と21日の映画興行収入ランキング(興行通信社発表)が発表され、15年公開の3Dアニメ映画「ミニオンズ」のスタッフによる最新作「ペット」が2週連続で1位を獲得した。

 「ペット」は公開11日間で188万3759人を動員、興収23億1262万0700円を記録し、最終興収52億円をあげた「ミニオンズ」を上回るペースだ。

 2位の「シン・ゴジラ」は好調をキープ。公開20日間で累計268万人を動員、興収38億円を突破。先日、「ゴジラ」が「GODZILLA」のタイトルでアニメ映画化されることも発表され話題となった。

 「『シン・ゴジラ』は21日放送のダウンタウン・松本人志がMCの『ワイドナショー』で取り上げられたり、石破茂元防衛相がブログでネタにするなど、プロモーションやタイアップを超えたところで話題になり、口コミで集客を増やしている。最終興収は当初見込まれていた40億円を上回ることになりそう」(映画ライター)

 3位は人気コミックを実写映画化した土屋大鳳主演の「青空エール」。全国281スクリーンで公開され、オープニング2日間で16万人を動員、興収1億9700万円をあげた。

 4位は1980年代に公開され一世を風靡した名作を、メインキャラクターを女性にして新たに復活させた「ゴーストバスターズ」。19日から全国公開され、土日2日間で16万人を動員、興収2億3700万円を記録し、興収では「青空エール」を上回った。8月11~14日に一部劇場で先行公開されて既に7万人を動員。興収は15億円以上が見込めるスタートとなった。

 26日は「ポスト・宮崎駿」とも言われる新海誠監督のアニメ映画「君の名は。」、27日は直木賞作家・黒川博行氏の「後妻業」を、大竹しのぶと豊川悦司の共演で映画化した「後妻業の女」などが公開される。

*「ペット」(C)Universal Studios.

最終更新:8/23(火) 12:38

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]