ここから本文です

国際情報五輪、日本代表全員がメダル獲得…開成高2名は連続受賞

リセマム 8月23日(火)13時15分配信

 ロシア(カザン)にて開催された「第28回国際情報オリンピック」において、参加した日本代表4名全員がメダルを獲得した。開成高校(東京都)の井上卓哉さん、高谷悠太さんの両名が金メダルを受賞している。

日本代表の受賞者

 第28回国際情報オリンピックは8月12日~19日、ロシア連邦の都市カザンにて開催され、80か国・地域から308名が参加した。大会では、実社会で直面するさまざまな課題を模した問題が出題され、問題を解く効率の良いアルゴリズムを設計し、そのアルゴリズムに基づき正しく動作する解法プログラムを作成する。競技日は2日あり、各競技日に5時間で3問を解く。

 日本代表は、開成高校(東京都)3年生の井上卓哉さん、同じく開成高校2年生の高谷悠太さんが金メダルを、筑波大学附属駒場高校(東京都)2年生の川崎理玖さん、同じく筑波大学附属駒場高校3年生の増田隆宏さんが銀メダルを受賞。

 日本国内予選の参加者998名から決定された代表4名は、全員がメダルを獲得した。また、金メダル受賞者の井上卓哉さんは2年連続、高谷悠太さんは3年連続での受賞となる。

 なお、2018年に開催される第30回国際情報オリンピックは、日本での開催が決定している。

《リセマム 黄金崎綾乃》

最終更新:8月23日(火)13時15分

リセマム