ここから本文です

13の潟巡り魅力再発見 新潟市がスタンプラリー実施

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ 8月23日(火)13時33分配信

 新潟市は、鳥屋野潟や佐潟など市内の13の潟を巡る「潟めぐりスタンプラリー」を開いている。全てのスタンプを集めて応募すると全員に記念品が贈られる。

 景観や動植物など潟の魅力を感じてもらおうと、市文化創造推進課が企画した。対象は北区の福島潟、十二潟、松浜の池、東区のじゅんさい池、中央区の鳥屋野潟、清五郎潟、江南区の北山池、秋葉区の六郷ノ池、北上の池、西区の佐潟、金巻の池、西蒲区の上堰潟、仁箇堤。看板近くやあずまやなどにスタンプ台を設置した。

 全てのスタンプを集めて市文化創造推進課か各区役所地域課に提出すると、潟をモチーフにしたクリアファイルが全員に贈られる。さらに抽選で市内の文化施設の入場券などが当たる。

 市文化創造推進課は「夏はハスが多く、秋には白鳥が見られる。ゆっくり回っていただき、季節ごとに異なる潟の景色も楽しんでほしい」と呼び掛けている。

 10月30日までで、記念品の応募締め切りは11月30日。スタンプの台紙は各区役所地域課や公民館などで配布している。問い合わせは市文化創造推進課、025(226)2624。

最終更新:8月23日(火)13時33分

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。