ここから本文です

コトブキヤ製「エヴァンゲリオン初号機 TV Ver.」プラモデル予約開始

インサイド 8月23日(火)14時57分配信

コトブキヤは、同社が運営するコトブキヤオンラインショップにて「新世紀エヴァンゲリオン」のプラモデル「エヴァンゲリオン初号機 TV Ver.」の予約受付を開始しました。

【関連画像】

同製品は、TV版「新世紀エヴァンゲリオン」に登場するエヴァンゲリオン初号機をプラモデル化(約190mmサイズ)したものです。壽屋原型師の桑村祐一氏によって、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」Ver.のエヴァ初号機の、広範囲に稼働する関節部分を継承しつつ、TV版のデザインを再現。また、背中のエントリープラグが引き出されたり、エヴァの口を開く事が出来たり、差し替えパーツによって肩部ナイフ格納部の展開が可能になったりと、ファンには嬉しいギミックが搭載されています。

加えて、同製品は、別売の「M.S.G フライングベースR」にも対応しており、これを使用すれば、様々なポーズが可能になります。詳細は以下の通りです。

※画像は開発中のイメージです。実際の商品とは異なります。

製品情報

■作品名:新世紀エヴァンゲリオン
■パッケージサイズ:約W190×D310×H100mm
■原型製作:桑村 祐一
■発売時期:2016年12月

<商品説明>
長年エヴァンゲリオン商品をリリースしてきた壽屋が、満を持して『新世紀エヴァンゲリオン』版エヴァンゲリオン初号機をプラモデルにて発売します。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』Ver.の「エヴァンゲリオン初号機」を制作した、壽屋原型師「桑村祐一」により、広い可動範囲を継承しつつTV版を再現しました!

■ギミック解説
開口ギミック:可動で再現。劇中同様に顎が一段下がってから開閉します。
エントリープラグの連動可動:背面ブロックの可動と連動してエントリープラグが引き出されます。
肩部ナイフ格納部の展開:差し替えパーツにて再現。
首関節の連動可動:上を向く際に喉部が連動して可動。
背部装甲の連動可動:肩を前に出す動作と連動して背部の装甲が可動。
付属のアンビリカルケーブルを接続可能。

■付属手首
握り拳(左右)、平手(左右)、銃・ナイフ持ち手(右)、指が反った形状平手(左右)、鷲掴み形状平手(左右)が付属。
豊かな形状表現が可能なPVC一体成型による豊富な手首パーツで組み立ての手間を軽減、保持力も向上し、劇中の多くのシーンを再現可能です。

■一部塗装済み箇所
目の白色、顎先端の緑色等、一部パーツを塗装済みとし、組み立てただけで劇中のイメージに近いエヴァンゲリオン初号機が再現可能です。

■付属品
エントリープラグ
アンビリカルケーブル
プログレッシブナイフ
パレットライフル
肩部ナイフ展開再現用差し替えパーツ
別売の「M.S.G フライングベースR」にも対応の3mm穴付き臀部差し替えパーツ
デカール(腕部及び肩部のマーキングのデカールを付属)

別売の「M.S.G フライングベースR」にも対応しており、劇中のアクションポーズをお楽しみいただけます。 (臀部3mm穴だけでなくアンビリカルケーブル接続穴にも接続可能)

プラモデル「エヴァンゲリオン初号機 TV Ver.」は、2016年12月発売予定。販売価格は、6,264 円(税込)です。

最終更新:8月23日(火)14時57分

インサイド