ここから本文です

「正直者が馬鹿見ないシステムに」ジェットスター、手荷物計量で不公平解消狙う

Aviation Wire 8月23日(火)15時37分配信

 お盆期間(10日から21日まで、12日間)の利用実績が、8月22日に発表された。国際線のロードファクター(座席利用率)は大半が9割を超え、国内線も全日本空輸(ANA/NH)や日本航空(JAL/JL、9201)が8割、LCC各社9割台と好調だった。

 2012年に続々と参入した国内LCCにとっては、今年は5回目のお盆休み。4年間のうち、撤退や新規参入はあったLCCだが、長期休暇のロードファクターは、各社とも9割近い高水準を保っている。

 一方で、経営状態は軌道に乗ったLCCと、苦戦する社に分かれている。4社のうち、黒字化したのは国内初のLCCであるピーチ・アビエーション(APJ/MM)と、旧エアアジア・ジャパンが前身のバニラエア(VNL/JW)の2社。ピーチは5期目の2016年3月期に、3期連続黒字と累積損失の解消を達成した。バニラも2期連続黒字を目指している。

 ジェットスター・ジャパン(JJP/GK)と春秋航空日本(SJO/IJ)は黒字化に向け、路線の最適化や販売強化など、さまざまな取り組みを進めている。

 こうした中、ジェットスター・ジャパンは乗客の不公平感解消と同時に、収益性を向上させる取り組みを進めている。搭乗口での機内持ち込み手荷物の計量だ。

◆搭乗口前計量で公平性確保

 国内LCC最大の路線網を擁するジェットスター・ジャパンは、7月で2012年の就航から4周年を迎えた。一方、黒字化は喫緊の課題であり、6回の延期を経て2014年6月に実現した関西空港の第2拠点化により、機材繰りの効率化など、コスト削減を進めている。

 しかし、コスト削減だけでは十分な利益を生むのは難しい。LCC各社は座席指定などのオプション料金をはじめ、機内食や機内販売など、付帯収入の増収に向けた取り組みを進めている。

 座席指定など航空券購入時に選択するオプションは、乗客から確実に徴収できる。空港のカウンターで預けて貨物室に搭載する手荷物も、重量をその場で量るので「取りっぱぐれ」はない。

 一方、1人7キログラムまでの機内持ち込み手荷物は、乗客の自己申告。このため、7キロを超えるからと受託手荷物の料金を支払って預ける人もいれば、そのまま乗ってしまう人もいる。

 ジェットスター・ジャパンでは、4月から搭乗口で全乗客の機内持ち込み手荷物の計量を本格的に始めた。規定をオーバーしていれば、搭乗前に受託手荷物料金を払わなければならない。

 手荷物の計量について、同社の幹部は「増収効果は狙っていない」とするが、本来得られるはずの手数料を確実に徴収するのは、収益改善で必要だ。「ちゃんと料金を支払っている人に対する公平性を確保し、“正直者が馬鹿を見た”と言われないシステムにしたい」と、料金に対する公平性確保を重視していると強調する。

 手荷物の規定を厳格に運用するのは、公平性の観点だけではない。「機内に持ち込む手荷物が減ることで、狭い機内で荷物の出し入れがスムーズになり、定時性向上につなげられる」と理解を求める。

◆不可欠なウェブサイトの利便性向上

 しかし、利用のたびに搭乗口で計量されることを、乗客が面倒に感じる可能性もある。「LCCは基本的な運賃とオプションが別料金のビジネスモデルだと、乗客に理解してもらう取り組みが大切」(前出の幹部)と話し、機内食も価格に見合っていると、乗客が感じられるものにリニューアルしていくことで、理解を得ていきたいという。

 5回目のお盆休み期間が終わり、好調な搭乗実績から、“素うどん”のようなLCCの仕組みを理解している人は、取り込めたと言えるだろう。今後はLCCを利用したことがない人たちにビジネスモデルを理解してもらい、いかに一度乗ってもらえるかが課題だ。

 一方で、ジェットスター・ジャパンの乗客が最初に接する同社のウェブサイトは、世界各国のジェットスター・グループ共通のものなので、必ずしも日本人が使いやすいとは言いがたい。競合する国内LCCでは、ウェブサイトの利便性向上を重視する社が目立つ。

 低価格運賃の提供だけではなく、運賃や手数料、どのようなオプションがあるのかなど、事前にわかりやすいウェブサイトの構築が、新しい利用者の獲得に向けた取り組みの中で不可欠と言えそうだ。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:8月23日(火)15時41分

Aviation Wire

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]