ここから本文です

<観月ありさ>25年連続ドラマ主演で新境地 “引き算の芝居”で「大人の女性」に

まんたんウェブ 8月23日(火)15時8分配信

 女優の観月ありささんが23日、東京・渋谷のNHK放送センターで行われた主演ドラマ「隠れ菊」(NHK・BSプレミアム)の試写会に出席。今作で25年連続の連ドラ主演となる観月さんは「今回は節目の作品。よりたくさんの方にこの作品を見ていただけたら」と語り、「今回は本当に大人の女性。しっとりとしたお芝居をさせていただいています。快活な役が多いんですけど、ちょっと大人の女性の、たおやかさといいますか、しっとり感みたいなものを出せたらいいなと思ってます」と抱負を語った。

【写真特集】観月ありさ、和装でしっとり “愛人”緒川たまきも…

 観月さんが演じるのは、離婚を余儀なくされ、亡き義母が女将を務めた料亭を引き継ぐことになるヒロイン・上島通子。これまでコメディー作品などで「リアクションのお芝居とかを要求されることが多い」という観月さんだが、通子は「自分の感情をばーっと表現するタイプじゃない。自分の感情を口に出すタイプの女性ではない。今回は引き算をするというか、いろいろ引いていっていろんなことをしないでお芝居をしようとしています。極力いろんなことを省きながら毎日、通子という役をやらせてもらっています」と新境地に挑んでいることを明かした。

 ドラマは故・連城三紀彦さんの小説が原作。静岡の浜名湖畔の料亭・花ずみを引き継いだ通子(観月さん)の波乱に満ちた日々が描かれる。通子は、突然の離婚通告、料亭の倒産、多額の負債、夫の愛人との駆け引きなどさまざまな困難を切り抜けていく。夫・上島旬平を前川泰之さん、夫と不倫関係にある矢萩多衣(たえ)を緒川たまきさん、旬平の母・キクを松原智恵子さん、通子の兄の友人・笠井芯太郎を筒井道隆さんが演じている。

 会見には緒川さん、前川さんも出席した。NHK・BSプレミアムで9月4日から毎週日曜午後10時に放送。全8回。

最終更新:8月23日(火)16時24分

まんたんウェブ