ここから本文です

【タイ】いすゞとパソナ、産学連携で開発者を育成

NNA 8月23日(火)8時30分配信

 いすゞ自動車とパソナグループは22日、タイのキングモンクット工科大学と共に自動車の開発技術者の育成プログラムを開始した。研修では工学知識や3Dのコンピューター支援設計(3D―CAD)の操作、日本流のビジネスマナーなどを教える。
 
 応募した120人の中から第1期として20人を選抜し、来年5月末まで実施する。対象者は4年生で、IT系を含む幅広い学科の在学生を集った。自動車メーカーの開発者として活躍するための包括的なプログラムとなっている。
 研修制度は、パソナのタイ法人であるパソナHRコンサルティングリクルートメントタイ、いすゞのタイ管理会社であるいすゞモーターズアジアタイランド、キングモンクット工科大学の産学連携協定に基づいて実施。いすゞモーターズアジアタイランドの入野哲彦社長は「自動車産業は先進国を中心に発展していたが、自動車新興国が台頭している。製造拠点が集積するタイで、開発面の裾野が広がっている」と語った。
 いすゞが狙うのは、開発者の育成によるタイの自立。同社は1トンピックアップと大型トラックの開発拠点で計約500人の従業員を抱えるが、まだ規模が比較的小さい。教育を施しつつ、学生の企業への愛着心の醸成を狙う。
 機械工学科のオートさん(22)は「(将来的に)いすゞのようなグローバル企業で働きたくて研修に応募した」と語った。同学科のビルさん(22)は「日本語を学べることも魅力に感じている」と述べた。

最終更新:8月23日(火)8時30分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。