ここから本文です

ベニー・シングス、Billboard Liveでの来日公演が決定

CDジャーナル 8月23日(火)18時43分配信

 昨年11月に発売された最新作『スタジオ』の日本盤に、ceroとのコラボレーション楽曲「ミート・ミー・アウトサイド」を収録したことでも話題となったオランダのポップ・マエストロ、ベニー・シングス(Benny Sings)が9月に来日。9月21日(水)大阪・梅田 Billboard Live OSAKA、22日(木・祝)東京・赤坂 Billboard Live TOKYOでの公演にフルバンドで登場します。

 ベニー・シングスは2003年にデビュー・アルバム『シャンパン・ピープル』を発表。バート・バカラックやスティーリー・ダンに通じるポップ・センスは、リスナーはもとよりミュージシャンからも絶賛され、ウーター・ヘメルやメイヤー・ホーソーンの作品にプロデューサー / アレンジャーとして関わってきました。これまでの来日公演でも安藤裕子、土岐麻子と共演。昨年11月には最新作で共演したceroとライヴを行なっています。

最終更新:8月23日(火)18時43分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。