ここから本文です

世界テレビ販売 韓日シェア伸ばす=中国足踏み

聯合ニュース 8月23日(火)10時1分配信

【ソウル聯合ニュース】4~6月期のテレビの世界市場で、韓国のサムスン電子とLG電子がワンツーを維持した。これを追い上げてきた中国勢が足踏みとなった一方で、日本勢はシェアを上げた。

 米調査会社IHSは23日までに、4~6月期の韓国2社のシェア(数量ベース)を35.4%と集計した。前期に比べ1.2ポイント上昇した。

 中国勢のシェアは28.9%で、前期より2.5ポイント低い。自国市場での不振が響いたと分析される。

 これにより韓中の開きは前期の2.8ポイントから6.5ポイントに広がった。

 日本勢の4~6月期のシェアは13.7%で、前期から1.0ポイント上がった。

 メーカー別にみると、サムスン電子のシェアが前期比1.2ポイント上昇の22.2%で首位をキープし、LG電子はほぼ横ばいの13.1%だった。両社はそれぞれ高級テレビに力を入れており、売上高ベースのシェアは数量ベースのシェアを上回るとみられる。

 シェア3位はソニーと中国のTCL集団が5.6%で並んだ。

最終更新:8月23日(火)10時20分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。