ここから本文です

[サービス]一部の古いケータイが「モバイルSuica」非対応に、サーバー証明書更新が影響

BCN 8月23日(火)17時3分配信

[サービス]一部の古いケータイが「モバイルSuica」非対応に、サーバー証明書更新が影響

8月24日以降、古いフィーチャーフォンでは、「モバイルSuica」を利用できなくなる

 オンラインショップやインターネットバンキングなどでは、通信の内容を安全に保護するため、暗号化通信(SSL/TLS)を利用している。世界的な取り組みとして、暗号化通信に利用するサーバー証明書を、従来のSHA-1からより安全性の高いSHA-2への切り替えが進められており、切り替えに伴い、携帯電話や10年以上前の古いPCなど、SHA-2非対応機種では、暗号化通信を利用したサイトが表示できなくなる可能性がある。

 影響を受ける主な機種は、NTTドコモが「F-02A」など、KDDI(au)が2008年12月以前に発売した「W52CA」など、ソフトバンクが「830SH」など、ワイモバイル(Y!mobile)は「WX01SH」など。このうち、一部機種は、ソフトウェアアップデートで、新しいサーバー証明書に対応する。音声通話やキャリアメール、暗号化通信を使用しないインターネット接続は、引き続き、問題なく、利用できる。

●「モバイルSuica」や「楽天Edy」のケータイ向けサービスが終了へ

 「モバイルSuica」を提供するJR東日本は、8月24日以降、SHA-2方式/TLS1.0以上に対応していない携帯情報端末では「モバイルSuica」を利用できなくなると案内し、利用者に対し、個別にメールで通知している。なお、新規チャージや新規の定期券の購入などはできなくなるが、チャージ済みの電子マネー、8月24日以前に購入した「定期券」「Suicaグリーン券」、ダウンロード済みの「モバイルSuica特急券」は、引き続き利用できる。

 「楽天Edy」は、11月15日をもって、「モバイルEdy支払いサービス」の提供を終了する。店頭でのEdy支払いや現金チャージは、引き続き、提供する。

 内閣府の調査によると、2人以上の世帯でのスマートフォンの普及率は7割弱にとどまり、数年前に購入したフィーチャーフォンを使い続けている人は多いとみられる。家電量販店の実売データを集計した「BCNランキング」によると、新規に販売した携帯電話のうち、OSにAndroidを搭載した、いわゆる「ガラホ」を含む従来型携帯電話の比率は1割程度を占め、今も根強い人気をもつ。

 「モバイルSuica」をはじめとする「おサイフケータイ」は、ほとんどのフィーチャーフォンが対応し、日本のケータイの定番機能だった。今も、iPhoneや一部のスマートフォンには搭載されていないため、従来型のケータイの強みの一つになっている。しかし、今回、セキュリティの強化というやむを得ない理由から、「おサイフケータイ」の代名詞的なサービス、「モバイルSuica」が終了することになった。これを機に、古いケータイから新しいケータイ、ケータイからスマートフォンへの買い替えが進みそうだ。(BCN・嵯峨野 芙美)

*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベース(パソコンの場合)で、日本の店頭市場の約4割をカバーしています。

最終更新:8月23日(火)17時3分

BCN

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]