ここから本文です

羽生の2度目のギネス認定!左足の故障も順調に回復

デイリースポーツ 8月23日(火)6時3分配信

 フィギュアスケート男子の羽生結弦(21)=ANA=が昨年12月のグランプリファイナルで記録したショートプログラム(SP)、フリー、合計の3つの世界最高得点がギネス世界記録に認定されたことが22日、発表された。羽生のギネス認定は14年2月のソチ冬季五輪のSPで世界初の100点超えをマークして以来2度目。

 都内で公式認定証授与式に出席した羽生は、左足甲の靱帯(じんたい)損傷で2カ月療養し、6月に練習を再開したことについて「ジャンプもできるようになってきたし、だいぶ元に戻ってきた」と回復を強調。来季のプログラムについては曲名を明かさず「SPはテンポの速いかっこいい曲。フリーはまだ発表できません」と話した。

最終更新:8月23日(火)7時52分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。