ここから本文です

マーベル「ランナウェイズ」ドラマ化なるか?Huluでパイロット版製作決定

シネマトゥデイ 8月23日(火)10時0分配信

 6人のティーンエイジャーが主人公のマーベルコミックス「ランナウェイズ(原題) / Runaways」がドラマシリーズ化に一歩近づいたという。

 「ランナウェイズ(原題)」は、自分たちの親たちが犯罪組織プライドの一味であることを知り、仲の悪かった6人のティーンエイジャーが手を組み、親に立ち向かうストーリー。

 Deadlineによると、企画をしたのは「ゴシップガール」のクリエイター、ステファニー・サヴェージとジョシュ・シュワルツで、Huluでパイロット版が製作されるとのこと。フルシーズンを念頭に第2エピソード以降の脚本もオーダーされているらしい。ジョシュは「The OC」のクリエイターでもあり、ティーンものは得意のようだ。

 マーベル・テレビジョンの社長ジェフ・ローブは、「『ランナウェイズ』は素晴らしいテレビドラマになるとわれわれは以前から思っていました。ターゲットにしている視聴者に心から語り掛ける番組をいくつも製作してきたジョシュとステファニーが脚本とプロデューサーを務めてくれるほど、素晴らしいことはありません」とコメントしている。(澤田理沙)

最終更新:8月23日(火)10時0分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。