ここから本文です

【台湾】7月失業率4.02%、14年8月以来の4%超え

NNA 8月23日(火)8時30分配信

 台湾行政院(内閣)主計総処が22日に発表した7月の失業率は4.02%だった。前月比では0.10ポイント、前年同月比では0.20ポイントそれぞれ上昇した。4%を超えるのは2014年8月以来。
 7月の失業者数は47万2,000人で、前月より1万3,000人増加した。このうち初めての求職活動での失業者が1万2,000人を占めている。
 20~24歳の失業率は13.05%で前月比0.69ポイント、25~29歳は6.85%で同0.3ポイントそれぞれ上昇。大卒以上の者の失業率は5.00%で、前月比0.21ポイント上昇した。
 主計総処の専門家は、新卒者の増加が失業率を押し上げたと指摘。ただ、季節調整後の数値は3.96%と、前月とほぼ同程度であるとした。

最終更新:8月23日(火)8時30分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。