ここから本文です

(ともに暮らす社会へ:中)地域の中で自分なりに 意思、口癖やしぐさで

朝日新聞デジタル 8月23日(火)11時30分配信 (有料記事)

 地域社会で暮らす障害者たちは、どうやって思いを伝えているのでしょうか。会話することや体を自由に動かすことが難しくても、それぞれの方法がありました。

 午後4時、東京都三鷹市の障害者施設から出てきた岡部亮佑(りょうすけ)さん(23)がつぶやいた。
 「だっだっ、はあい」
 迎えに来たヘルパーの中田了介(りょうすけ)さん(36)は「家で風呂に入るか」と応じた。知的障害と自閉症がある岡部さんの障害支援区分は最も重い6。会話はつながらないが意思は通じる。「機嫌が悪い時の口癖。暑いのが苦手だから風呂に入りたいはず」と中田さん。……本文:2,783文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:8月23日(火)11時30分

朝日新聞デジタル