ここから本文です

シェップ・ゴードンの半生を描いた映画『スーパーメンチ -時代をプロデュースした男!-』予告公開

CDジャーナル 8/23(火) 18:43配信

 1970年代ハリウッドのミュージック・シーンを牽引した伝説のプロデューサー、シェップ・ゴードンの破天荒な半生を描いたドキュメンタリー映画『スーパーメンチ -時代をプロデュースした男!-』が9月24日(土)に公開。『オースティン・パワーズ』シリーズなどで知られるマイク・マイヤーズが監督を務め、世界最大級のビジネス・フェスティヴァルといわれる〈SXSW(サウスバイサウスウエスト)〉映画祭にも正式出品された本作の予告編(youtu.be/fz3gCsCdsso)が公開されています。

 アリス・クーパーやピンク・フロイドといったアーティストを手がけロック・スターへと押し上げたほか、映画のプロデュース、さらにエメリル・ラガッセら“セレブシェフ”を料理業界に誕生させるなど、その天才的なマネジメント手腕と型破りなアイディアでアメリカのエンタメ業界を牽引してきたシェップ・ゴードン。本作は、たまたまチェックインしたホテルでジャニス・ジョプリンやジミ・ヘンドリックスらと知り合い、なりゆき任せに音楽マネジメントの道へと進むことになったという彼の半生を描いており、予告編ではマイケル・ダグラス、シルベスター・スタローン、アリス・クーパーらがシェップの人柄を語る姿のほか、過激なアイディアが具現化されたパフォーマンスの数々が収められています。

 ジャニス・ジョプリンの生き様を収めた『ジャニス: リトル・ガール・ブルー』(9月10日公開)や英パンクシーンを牽引したダムドのドキュメンタリー『地獄に堕ちた野郎ども』(9月17日公開)など、70~80年代の音楽にフォーカスした作品が続々と公開を控えるなか、9月24日より東京・新宿 シネマカリテ劇場ほか全国にて上映が予定されている本作。8月27日(土)より、全国プレイガイドおよびシネマカリテにて前売券の発売がスタートします。

最終更新:8/23(火) 20:45

CDジャーナル