ここから本文です

PS4/Xbox One版『バイオハザード4』8月30日に配信開始!色あせないサバイバルホラーの名作

インサイド 8月23日(火)19時23分配信

カプコンは、PS4/Xbox One向けサバイバルホラー『バイオハザード4』のダウンロード版を2016年8月30日(火)に配信します。

【関連画像】

PS4/Xbox One向け『バイオハザード4』は、高解像度化と高フレームレート化を施して、現行機版でもハイクオリティなプレイ体験ができるようにチューンナップされたソフトです。後発機種で追加されたコンテンツも収録されています。PS4版が2,593円+税、Xbox One が2,600円+税となっており、各公式オンラインストアにて配信予定です。

ゲーム内容の詳細は以下の通りです。

PS4/Xbox One『バイオハザード4』プレイ映像 -フルHD化-
YouTube動画URL:https://youtu.be/EOPH_o-f2S4

PS4/Xbox One『バイオハザード4』プレイ映像 -アシュリー-
YouTube動画URL:https://youtu.be/oUMmoiXAsgw

『バイオハザード4』

オリジナル版『バイオハザード4』は2005年1月に発売。大きな特徴として、従来シリーズからある固定視点でのゲームプレイから、プレイヤーの背後からの視点
“ビハインドビュー”へと大きく変更を行っている。物語の面でもゾンビに代わる新たな脅威として「ロス・イルミナドス教団」率いる謎の村人たちが登場しており、まさに「フルモデルチェンジ」と呼ぶに相応しい内容となっている。

アクション、シューティングゲームの新たなスタイルを高い次元で結実させた「4」は「バイオハザード」シリーズ作品のみならず、続く多くの作品に影響を不えた。サバイバルホラー、そしてアクションゲームのマスターピースとして、誕生から多くの年月を重ねた今もその完成度は色褪せることがない。オリジナル版から現行機への移植にあたっては、高解像度化と高フレームレート化によるグラフィックの鮮明化に加え、後発機種で追加されたコンテンツも収録されている。

STORY

未曾有の生物災害“ラクーン事件”。その経緯は白日にさらされ、元凶となったアンブレラ社は崩壊した。事件から生還したレオン・S・ケネディは大統領直轄のエージェントへと成長していた。彼は誘拐された大統領令嬢の目撃情報を元にヨーロッパの寒村へと向かう。不穏な村で新たな事件の幕が上がる…。

新たな脅威

レオンが訪れた村の住人たち。言葉を話し、知能の残る彼らは一見通常の人間とも思えるが、侵入者に対しては異常なまでの攻撃性を見せる。そこにはゾンビを生み出すt-ウィルスとは異なる、新たな生物兵器の影が見え隠れする。

これまでのシリーズとは異なるゲームスタイル。そしてアンブレラ社崩壊後の新たなクロニクルの始まりである『バイオハザード4』。その後の「バイオハザード」シリーズの分水嶺とも言える作品だ。

アクションゲームの面白さに特化したエクストラゲーム、ザ・マーセナリーズももちろん収録。さらにエイダの視点で事件を追想するシナリオ「the another order」(後発機種版追加コンテンツ)も収められている。

高解像度化、高フレームレート化を遂げた『バイオハザード4』。多くのオブジェクトが描かれたシーンでは、よりクッキリとその違いが判るだろう。

キャラクターモデルは今回の移植に伴い、よりハイクオリティなものになっており、攻撃モーションも高フレームで動作、より迫力あるものになっている。2005年当時のゲームマシンと再生環境では表現しきれなかったゲームプレイがここにある。

最終更新:8月23日(火)19時23分

インサイド