ここから本文です

竹内涼真、高校時代は「挫折しかしてない」

cinemacafe.net 8月23日(火)16時24分配信

若手人気俳優・竹内涼真と三木孝浩監督の『青空エール』タッグが、8月23日(火)、青山学院大学IVY HALLにて開催された「超十代夏期講習 2016」に登場。「青空エールに学ぶ部活と青春」をテーマに、自身の部活経験について語った。

【画像】『青空エール』三木監督&竹内涼真

日本の未来を担っていく十代の“夢”を応援すべく、実際に“夢”を叶えた有名人・著名人が、“夢”を叶えるために必要な思いやコト・モノや日本の若い世代に伝えたい想いなどを、学生たちに向けて「授業」という形で発信する本イベント。登壇者には田村淳、ダレノガレ明美や、ゲストの高橋みなみ、女優としても活躍するアーティストのヘイリー・スタインフェルドが顔を揃え、一般応募から選ばれた学生たちをわかせた。

竹内さんと三木監督は、「ありえない先生のありえない授業」と題したコーナーの3時限目に出演。ゲスト生徒には大原優乃、北澤舞悠、木村葉月、土屋怜菜、鶴嶋乃愛、丸山蘭奈、モーガン茉愛羅が出演した。テーマは「青空エールに学ぶ部活と青春」。三木監督と竹内さんがMCを務め、登壇したゲスト生徒が部活をやっている理由をそれぞれ披露。書道部に所属している人の話では、竹内さんが「先日、パスポートを作ったんですけど、そのときに書いたサインがあまりに汚くて…思わず『これ、僕の字ですか?』って聞いちゃいましたもん」と自身のエピソードを披露した。

また、竹内さんはサッカー部に所属していたそうで、「僕が年中のときから遊びでサッカーを初めて、物心ついたときにはサッカー選手になりたかった」ときっかけを告白。「部活は、ふり返ったときに『やっててよかった』と思えるのが大事」「挫折や嫉妬を感じることもある」と部活への思いを明かし、三木監督も「“挫折”がまさに映画の大切なテーマでもある。壁にぶつかったとき、どうやって乗り越えていくのか、が大事なんです」と語った。

さらに、高校3年間のサッカー部生活は「挫折しかしてない」と話し、「中学生まではサッカーが上手くてヒーローだった。でももっとレベルの高い人たちがいるチームに入って、いまのオリンピックで活躍した選手もいたんですが、そこで怯んじゃったんんです。 『あ、敵わないのかな』って。ネガティブになってしまった。そんなときに怪我をして、治ってるんだけど部活を休んでしまうことが多くなって…」「逃げるのは楽なんですけど、いま思い返すと辛いことがあっても逃げなきゃ良かったなって」と自身の青春をふり返った。

そこからの方向転換について、竹内さんは「昔から映画やドラマは好きで。でもサッカー選手になることしか考えてなかったんです。でも、挫折したときに初めて、ほかの道を考えることができて、『ヒーローになりたい』って思った。サッカーをしてるときから、“人に喜んでもらえることが好き”という想いがずっとあったので、そしたら俳優業かなって」と心境を明かした。

また、三木監督は「10代の挫折はあり難いと思う。頑張るからぶつかるわけで。動かないと傷つきもしないけど、前に進みもしない。前に進んでるから壁にぶつかる」「20代で挫折すると生活できなくなるもんね。僕がいま、『監督辞めます』ってなったら、お仕事ないし」と冗談交じりに話し、挫折を乗り越える手段として「誰かのためにがんばってみるっていうのはいいと思う」と、若者へエールを送った。

最終更新:8月23日(火)16時24分

cinemacafe.net