ここから本文です

【キーンランドC】レッツゴードンキ連続の6F戦で真価問う

デイリースポーツ 8月23日(火)6時4分配信

 「キーンランドC・G3」(28日、札幌)

 函館スプリントS3着からの逆襲へ。リベンジに燃えるレッツゴードンキが6F戦へ連続投入され、その真価を問う。前走は、0秒2差及ばなかったが、インで折り合ってしっかりと脚を伸ばしてきた。敗れはしたが、力を示した内容。次につながる走りはできていた。

 「前回に関しては、少し忙しいという感覚もありましたが、今度は続けての6Fですからね。そういった部分では、良くなってくると思います。それに、札幌はデビュー(新馬1着)したところですからね」。いろんな意味で上積みは見込める、と梅田師は話す。

 ただ、誤算だったのは、前走後の放牧で、思ったほどリラックスできなかったこと。前向きであることは、弱点であり、長所でもある。それでも、「先週あたりから落ち着いてきましたから」とトレーナーは現状を説明。札幌へ入厩して調整を重ね、気持ちの面でも余裕がうかがえるようになってきた。

 「まずはスムーズな競馬ができれば、と思っています。これまでは、それがなかなかできないことが多かったですからね」。能力を発揮できれば、結果はついてくると信じている。初陣を飾った地で、桜花賞以来の勝利を。札幌で桜の女王の威厳を取り戻す。

最終更新:8月23日(火)8時21分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。