ここから本文です

リメイク版「クロウ」主演候補にジェイソン・モモア

映画.com 8月23日(火)17時0分配信

 [映画.com ニュース] 1994年のカルト映画「クロウ 飛翔伝説」をリメイクする企画に、ジェイソン・モモア(「アクアマン(原題)」)が主演交渉中であることがわかった。

 「クロウ 飛翔伝説」は、ジェームズ・オバー氏のコミック「ザ・クロウ」が原作。死の淵からよみがえったダークヒーロー、エリックの復しゅう劇を描く「クロウ」シリーズの第1作で、主演したブランドン・リーさんの遺作として知られる。

 数年前から企画が進行中のリメイク版は、これまでルーク・エバンス、ジャック・ヒューストンが主演を降板し、ニコラス・ホルト、ジャック・オコンネルが代役候補に挙がっていた。米ハリウッド・レポーターによれば、リメイク版はコリン・ハーディが監督を務める。

 DCコミックに登場する海底王国アトランティスの王アクアマン役を演じるモモアは、DCヒーローによるチーム結成を描く「ジャスティス・リーグ(原題)」が2017年11月17日に全米公開、単独主演映画「アクアマン(原題)」が18年7月27日に全米公開される。

最終更新:8月23日(火)17時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。