ここから本文です

傘調査2016、傘を1番多く持っているのは東京都民…ウェザーニューズ

レスポンス 8月23日(火)13時30分配信

ウェザーニューズは、「傘調査2016」の結果を発表した。

調査では、7月29日~7月31日にスマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」を通じて傘にまつわる質問をし、全国約2万3000人からの回答をまとめた。

[関連写真]

調査の結果、傘の所有数は全国平均で3.0本となった。都道府県別で1番多く傘を持っているのは東京都民で3.4本だった。次いで3.2本が神奈川県、大阪府、兵庫県、京都府と続いた。関東と近畿が上位となり、反対に東北は6県中4県で下位となった。

1番少なかったのは沖縄県の2.3本だった。沖縄は、短時間強雨や強風の多く、すぐに雨が止む、傘をさしても濡れる、雨に濡れてもすぐ乾くなど、雨に濡れることをあまり気にしない県民性が理由と見られる。

ビニール傘世帯所有数トップは東京都と大阪府の2.0本。次いで埼玉県、京都府の1.9本、神奈川県、千葉県の1.8本となり、傘の所有数と同様に関東と近畿が上位となった。

反対に、最も少なかったのが鹿児島県と宮崎県で、1.0本。九州では7県中4県でビニール傘の所有数が少ない結果となった。全国平均は1.6本。

傘を購入する決め手として男性は「丈夫さ」、女性は「デザイン」を重視、男女の差が現れた。

ウェザーニューズは今後、本調査結果を元に、傘の企画を継続的に検討する。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:8月23日(火)13時30分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。