ここから本文です

おもろまち、儀保、古島の3駅昇降機、来月に復旧  県、モノレール社が発表

琉球新報 8月23日(火)12時44分配信

 沖縄都市モノレール「ゆいレール」の一部の駅で昇降機が故障し、停止したままになっている問題で、県の宮城理土木建築部長とモノレール社の川畑雅一常務らは23日午前、県庁で会見し、県が管理する古島駅が9月9日、おもろまち駅、儀保駅が9月30日に復旧すると発表した。当初はおもろまち駅と儀保駅の復旧は12月末、古島駅は9月末と見込んでいたが、部品メーカーとの調整により前倒しの調達が可能になった。
 県は現在、昇降機など管理者が場所によって異なる自由通路の一元化管理に向けて、モノレール社と契約内容の見直しを進めており、早ければ9月中にも改定する。宮城部長は「モノレール社が一元管理できるよう契約内容を見直しており、那覇市や国にも提案していくと思う」と語った。一方、「(今回の問題は)緊急性の認識不足が最大の要因で、利用者への配慮も欠けていたと認識している。復旧のさらなる前倒しに向け最大限努力する」と語った。
 25日には、昇降機を管理する県、那覇市、沖縄総合事務局南部国道事務所と、モノレール社の4者による2回目の検討会が開かれる。国が管理する壺川駅と那覇市管理の美栄橋駅の復旧見込みは12月末となっている。【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:8月23日(火)12時44分

琉球新報