ここから本文です

G投トップ3でコイ叩く!巨人菅野「0点に抑える」田口「気合入る」

デイリースポーツ 8月23日(火)6時4分配信

 投手陣総動員でコイ叩きだ。巨人の一部投手陣が22日、川崎市のジャイアンツ球場で23日からの首位・広島との3連戦(東京ドーム)に向けて調整。3連勝することでしか自力優勝の可能性をつなぐことのできない最重要カード。24日の第2戦先発が有力な菅野智之投手(26)は「意識はします。だけど、0点に抑えるという投手としての役割は変わらない」と話した。

 絶対勝利へ。先発ローテを組み替えて臨む。初戦には中8日でマイコラスを投入。中7日の菅野を挟み、3戦目にはチームトップ9勝の田口が中5日で先発する。尾花投手コーチは「投手陣全員でいくしかない。(先発は)うちの上位3人でいくしかないでしょう」と説明した。

 救援陣も出し惜しむことはない。マシソンはイニングまたぎをたびたび行ってきたが、守護神・沢村についても「当然ある」と尾花コーチ。沢村は4月に2度だけ2イニングを投げたが、その後は0。今カードでは、局面次第で3度目、4度目が大いに見込まれる。

 広島とは8ゲーム差。大逆転Vへ、残り31試合でその差を縮めなくてはいけない。田口は「負けられないってところで気合は十分入る」と拳を握った。7試合残る直接対決のうち、6試合は本拠地。地の利を生かし、白星を並べてみせる。

最終更新:8月23日(火)8時5分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報