ここから本文です

マンU、16歳スコットランド人FW獲得へ2000万円用意か 最年少デビューの逸材

ISM 8月23日(火)17時36分配信

 マンチェスターU(イングランド)が、スコットランド人FWマシュー・ノックス(16)の獲得を目指し、リビングストン(スコットランド3部)と交渉を行なっているようだ。英『デイリー・メール』紙(電子版)が現地時間22日に伝えている。

 ノックスは昨年12月、リビングストン史上最年少の若さ(16歳4日)でトップチームデビューを果たした、将来を期待される逸材。今年1月にはマンUで、そのほかトッテナム、リヴァプール(以上イングランド)でもトライアウトを受けた。また、スコットランドの強豪レンジャースも獲得に関心を示している。今シーズンはまだリーグ戦への出場機会はないが、カップ戦3試合に出場している。

 『デイリー・メール』によれば、マンUは15万ポンド(約2000万円)の移籍金を用意しているとのこと。

 なお、マンUは今月ドナルド・ラヴをサンダーランド(イングランド)へ売却。114年ぶりにトップチーム(選手と指揮官)にスコットランド人が不在となっており、加入が決まれば、ノックスはクラブとスコットランドとを再び繋ぐ架け橋となる。

最終更新:8月23日(火)17時36分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]