ここから本文です

駄菓子の争奪戦に民衆熱狂 救世主・マフディの誕生日を祝う イラン

THE PAGE 10/2(日) 14:00配信

 テヘランの商店街を歩くと、あちこちの店先に人だかりができていた。アイスクリームやビスケットなどの菓子が人々に配られている。

【写真特集】<イラン~ 最古の一神教ゾロアスター>- 高橋邦典 第38回

 この日は第十二代イマームのムハンマド・ムンタザルの誕生日。ムンタザルは、イスラム教シーア派の十二イマーム派によって信じられている世界最後の救世主(マフディ)でもある。毎年この日に、信者たちは菓子をふるまってマフディの再臨を祈る。

 大きめの店で、店員たちが踏み台に上がり、箱から出した駄菓子を群衆に向かってばら撒いていた。大したものではないだろうに、我先にと手を伸ばした男たちで、押し合いへし合いの騒ぎになっている。

 ここまでくるともう世俗的すぎて、救世主の誕生日という神聖さなどカケラもないが、まあ祭り事などそんなものなのかもしれない。所詮は目の前の利益にばかり踊らされるのが人間の性か、などと考えてしまうのは少しばかり皮肉が過ぎるかな。

(2014年6月撮影)

最終更新:10/2(日) 14:00

THE PAGE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。