ここから本文です

日本大使館ビルに侵入 学生団体代表ら在宅起訴=韓国

聯合ニュース 8月23日(火)11時10分配信

【ソウル聯合ニュース】ソウル中央地検は23日、韓国と日本政府の慰安婦問題をめぐる合意に反対し、日本大使館が入居するビルに無断で侵入しデモを行ったとして20代の女ら2人を暴力行為などの処罰に関する法律上の共同住居侵入罪で在宅起訴したと明らかにした。

 検察によると、学生団体代表の女ら2人は昨年12月31日正午ごろ、ソウル市内の同ビルの2階に侵入し廊下を約1時間占拠してデモを行った。

 このビルの8~11階には日本大使館と領事部が入居している。

 代表の女と会員ら約30人は2階の廊下で「大韓民国国民は韓日交渉を拒否する」「10億円の拠出金は要らない」などと書かれたプラカードを掲げ、「韓日の(慰安婦問題をめぐる)合意を破棄しろ」などと叫んだ。

 一部参加者は8階の領事部の扉に「韓日慰安婦交渉全面無効」と書かれた紙を貼り付けた。

最終更新:8月23日(火)14時5分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。