ここから本文です

兵庫県のゴルフ場跡地にメガソーラー、1900世帯分を発電

スマートジャパン 8月23日(火)15時10分配信

 中国の大手太陽光パネルメーカーであるジンコソーラーは、このほど電気工事・配電外線工事 ・太陽光発電設備などを手掛ける旭電業の合計7.245MW(メガワット)のメガソーラー(兵庫県篠山市)に太陽光モジュールを納入したと発表した。

 このメガソーラーは、篠山市にあるゴルフ場跡地に立地しており、工事は2期に分けて実施する計画。2016年5月に着工した第1期工事の設置容量は高圧で1.197MW、第2期工事の設置予定は特高で6.048MWとなっている。

 ジンコソーラーによれば、メガソーラーを建設するゴルフ場は、造成済みの広い敷地で、太陽光発電プロジェクトの開発に非常に最適としている。なお、このメガソーラーに、ジンコソーラーは315W(ワット)の高効率太陽光モジュール2万3000枚を納入する。

 設備は2018年7月に完工する予定で、稼働後の年間発電量は、日本の一般家庭約1900世帯分となる発電電力量を見込んでいる。発電した電力は、関西電力に全量売電する計画だ。

最終更新:8月23日(火)15時10分

スマートジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]