ここから本文です

LCC各社、お盆期間中の輸送実績…利用率ほぼ9割台と好調

レスポンス 8月23日(火)15時45分配信

国内LCC各社は、2016年お盆期間中(8月10~21日)の利用実績を発表した。

バニラ・エアは国内線の提供座席数が前年同期比8.3%減の4万7520席、旅客数が同6.7%減の4万4704人だった。利用率は1.7ポイントアップして94.1%だった。

[関連写真]

国際線は提供座席数が同50.0%増の3万8880席、旅客数が同49.4%増の3万6015人だった。利用率は0.4ポイントダウンの92.6%だった。

ピーチ・アビエーションは国内線の提供座席数が同5%増の13万3920席、旅客数が同4%増の12万4401人だった。利用率は0.6ポイントダウンの92.9%だった。

国際線の提供座席数が同34%増の7万0920席、旅客数が同39%増の6万6268人だった。利用率は3.3ポイントアップして93.4%だった。

ジェットスター・ジャパンは国内線の提供座席数が同12.5%減の19万9800席、旅客数が同11.7%減の18万3294人だった。利用率は0.8ポイントアップの91.7%だった。

国際線の提供座席数が同218.8%増の1万8360席、旅客数が同171.7%増の1万5154人だった。利用率は14.3ポイントダウンして82.5%だった。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:8月23日(火)15時45分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]