ここから本文です

Living in Sapporo《イタリア人》マリアンナさん後編 四季の「色が違う」

THE PAGE 8/25(木) 11:00配信

 【北海道・札幌】200万人近い人口を抱える北海道の道庁所在地・札幌。「さっぽろ雪まつり」を代表とする世界規模のイベントも開催され、多くの観光客が訪れる街だ。そこで札幌に住んでいる外国人に「札幌の魅力」を聴く「Living in Sapporo」の第10回目後編では、イタリア出身のイタリア語教師マリアンナ・チェスパさんに北海道・札幌の魅力を聴いた。
(インタビュー・構成/橋場了吾)

Living in Sapporo~外国人が見た札幌

日本語とイタリア語、北海道とイタリアの違い

 日本語とイタリア語は全然違いますが、一番苦労するのは「時制」です。これは英語も一緒なのですが、イタリア語では「過去のことは過去形を使う」ということです。

 例えば、「昨日、花火大会に行きましたか?」という質問に対し、日本語で否定する場合「いいえ、行っていません」「いいえ、行きませんでした」という2種類の答えがありますが、イタリア語では「いいえ、行きませんでした」だけです。この部分に慣れることが一番難しいようですね。

 あと、私は北海道とイタリアは「色」が違うと思っています。この「色」というのは、季節を表す色です。実は昨年、ミラノで開催された万博の日本館の一員として、北海道庁からの依頼を受けて同行しました。そこで、日本の素晴らしさについて講演をする機会があったのですが、自分で撮影した札幌や網走の写真とともに、季節の色の違いについてお話ししました。

 イタリアの春夏秋冬を色で例えると、順に「緑(新緑)・濃い青(海と空)・茶(枯葉)・グレー(雲)」ですが、北海道は「ピンク(桜)・薄い青(空)・赤と黄(紅葉)・白(雪)」だと思います。イタリアの秋と冬はあまり綺麗ではないので、北海道の秋冬の色彩は本当に素晴らしいですし、この北海道の季節の色彩は、世界中を見渡してもなかなかないのではないでしょうか。

 札幌でいえば、北海道大学のイチョウ並木と中島公園・円山公園の雪景色が特に好きで、よく散歩に出かけています。

1/2ページ

最終更新:8/25(木) 11:00

THE PAGE