ここから本文です

新川優愛 体操・加藤凌平との“熱愛”完全否定「タイプではないです」

東スポWeb 8月23日(火)14時47分配信

 清純派モデルの新川優愛(22)が23日、都内で行われた「保険のビュッフェ」レセプションパーティーに出席し�熱愛�の噂を完全否定した。

 新川といえば、高校の同級生だった体操男子日本代表きってのイケメン、加藤凌平選手(22)とネット上でまことしやかに“熱愛”が騒がれてきた。その加藤はロンドン五輪で団体銀メダル、そして先のリオ五輪では団体金メダルに輝いた。

 新川は「学生時代に隣のクラスだった。『俺は五輪に出てメダルを取る』とそのころから言っていて、漠然と『ふーん』と聞いていたが、夢を口に出して言えるってカッコいい。そして本当に取ったからおめでとう! これからもケガなく続けてほしい」と、加藤の快挙を祝福した。

 その一方で「イケメン? タイプではないです。同級生だから言える。向こうもそうじゃないかな。顔立ちが整ってらっしゃるし、筋肉好きな女子も多いからカッコいいのかな。フレンドリーな子で、性格はいい。人として尊敬している。全然連絡を取っていないけど、同窓会で会えたら『よくやったね!』と声をかけたい」と、恋愛感情はないことを明かした。

 さらに「今年はお祭りにも花火にも海にも行っていない。もちろんデートもしていない。4連休があったが、家から一歩も出ずにゴロゴロして映画を見たりしていた。家に遊びに来るような男性はいない」。加藤との熱愛どころか、恋愛に興味もないようだ。

 子役として活動していたことから、12歳で保険に入り貯蓄もしていたというしっかり者。祖父母に育てられた影響で、好みのタイプは落ち着きのある“昭和の男”なのだとか。

最終更新:8月23日(火)14時57分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。