ここから本文です

中邑がWWEで初の王座獲得 移籍後無敗で王者に

デイリースポーツ 8月23日(火)6時4分配信

 「プロレス・WWE」(20日、ニューヨーク)

 WWEの「NXTテイクオーバー:ブルックリン2」が20日(日本時間21日)、ニューヨークで行われた。4月にWWEへ移籍してから無敗を続けている元新日本の中邑真輔が、NXT王者サモア・ジョーを下して新王者となった。WWEでは初の王座奪取。

 中邑はパワーで勝るジョーに攻め込まれるも、得意のひざ蹴りボマイェ改めキンシャサなどで応戦。一進一退の攻防は最後、ペースをつかんだ中邑が再度キンシャサを放ち、ジョーを葬った。

最終更新:8月23日(火)8時18分

デイリースポーツ