ここから本文です

216メートルのバンジージャンプに挑戦した男性、成功するもiPhoneを谷底に落としテンションもドン底に

ねとらぼ 8月23日(火)9時10分配信

 南アフリカ共和国にあるブルークランズ橋は、世界屈指のバンジージャンプ場。ここで216メートルものダイブに挑戦し、ある悲劇に見舞われた男性が注目を集めています。命にかかわるものではないとはいえ、かなり悲惨。

【「ん?」とポケットを探るも、iPhoneは既に谷底へ】

 悲劇の主は、アイルランド人のMairtin Farragherさん。右手に持ったカメラで自身を撮影しつつ、恐怖へのチャレンジを見事にやり遂げます。

 Mairtinさんが歓喜の雄叫びを上げる一方で、ズボンのポケットには異変が。入れていたiPhoneがスルスルとこぼれ、谷底へ落ちてしまいます。なんてこったい!

 違和感を覚えてポケットをまさぐると、ようやく事態を把握。「俺のiPhoneんんん!」と叫び、失意の底へ落とされてしまいます。かわいそうに……。

 落としたiPhoneは、実は以前イタリアにて紛失し、警察にかけあって取り戻したもの。今回ばかりは、取り戻すのは難しいでしょう。Mairtinさんは「バンジージャンプの際にポケットへ携帯電話を入れるのはやめよう」と、説得力がありすぎる教訓のコメントを残しています。

最終更新:8月23日(火)9時10分

ねとらぼ